築25年の中古物件の内覧【物件探し】

物件探しの記録その5です。

中古マンションの内覧で、立地と広さと金額は良かったものの,
”築30年”を買って本当に何十年も住めるのか?と躊躇してしまったので、改めて優先順位を考えることにしました。

そんな中、また希望するエリアで気になる物件を発見。
内覧に行くことにしました。

前回記事▼

あわせて読みたい
大規模な中古マンションの内覧【物件探し】 物件探し記録シリーズの4回目。マイホームを、戸建てではなくマンションリノベにする事が固まってきたので相変わらずひたすらアプリで物件を探していました。 当時の賃...
Index

意外と、条件は当てにならない?!

内覧に行ったのは築25年、80平米の中古マンション。
実際に内覧した感想としては、「前見た築30年のマンションの方が新しく感じた!」ということ。

前回のマンションは、
大規模修繕で外壁のメンテや玄関ドアが交換されていて築年数の割に新しい感じがしました。

今回見たマンション(C)はインターホンのみが最新になっていてあとはあまり変わらず。


それから前回見たマンションは2階だったので物足りなかったのが私が重視したい「眺望」でした。

今回のマンションは、6階だったから期待が高かったのですが・・・


実際に見るとリビングのある南側も、玄関側の北側も、
別のマンションがすぐ近くに建っているためかベランダから見える景色は、近隣マンションばかり。

なんだか思ってたのと違う。
南側が駅の方角なのでマンション群が遠く見えて雑多な感じでした。


特に北側の部屋の窓は、東隣のマンションの外廊下と北側のマンションのリビングの両方から見える位置にあって、安心して開けられなさそう…

24時間営業のスーパーが徒歩1分の距離にあるのは最高でしたが、
昔から商店街だった通りにあるので人どおりも多く雑多な雰囲気。

よく言えば都会的で近くにそれなりにカフェや食堂もあるのですが、
前回のマンションの方が感覚的には好きな感じ。

出典: SUUMO


それから、LDKは西側に窓があって南側に個室が2つあるような間取りでした。

こういう間取りは分譲マンションには少ないです。
大多数はリビングが南向きになっていて、バルコニーがあるタイプ。

南側に個室があると、個室のドアを閉めてしまうと、
西側からの採光しか取れずにリビングが暗いと思うんですよね。特に朝。

そのせいなのか、周辺の相場より安め(2700万くらい)ではあったのですが、
大掛かりな工事をせずに住む前提で考えると、なかなか売りにくそうだなーと。

物件だけではなく、管理費や修繕費も・・・

もう一つ気になったのが、修繕積立費と管理費、駐車場の金額。
駐車場も平面置きのみで高めだったので、全て合わせると月4万円ほど。
高級外車が何台も停まってました…

築年数の経過に伴って、修繕積立費は上がっていく傾向にあるらしいのでさらに増えることも予想されます。

ローン以外の費用が高いので、
不動産屋の担当者さんに「物件価格の交渉は可能ですか?」と聞いてみたのですが
「まだ公開したばかりで、1組目のご案内なのですぐには難しいと思いますよー」とのこと。

他にも色々質問したいことがあったのですが、
その物件の本来の担当者が新婚旅行中とかで何一つ答えてもらえず…。

仲介さん、仲介料も物件の3%とか安くないので、もうちょっと頑張って欲しいです。

駐車場は立地によって仕方がない部分だと思いますが、
修繕積立費や管理費は、マンションの住戸数が多い方がお得感があるようです。


確かに今回見たマンションは、
1フロアに3戸なので、中部屋は1戸のみ。

前回は1フロアに8件ほどあって、それが4棟あったので
角部屋の割合が少なくて外壁の補修をしたときに1戸あたりの負担が大きいだろうなーと予想がつきます。

今まで深く考えたことはなかったですが、
マンションは大規模なほど価値が高いというのは定説らしく。

管理費や修繕費の不払いだったり建て替え問題なんかが起きたときにも、
住戸が多い方が色々と良いそう。

中古マンションを検討し始めて知ったことが多く、
色々と勉強になりました。

物件価格がもっと下がれば、申し込みも検討したのですが
眺望があまりよくなかったショックでテンションが落ちてしまいました。


続き▼ なぜかまた新築を見に行きます…

after renovation
借地権のマンションってどうなの?【物件探し】 | after renovation 物件探し記録シリーズのその6です。2019年5月頃。ほぼ中古マンションのリノベーションという選択肢で固まりつつあったのですが、希望の立地では予算オーバーになってしま...
よかったらシェアしてね!
Index
閉じる