待ちに待ったオーダーキッチンや家具が取り付けられた!

中古マンションを購入してリノベーションした記録を綴っています。
工事開始からずっと楽しみにしていた家具の工事。

家具がついたのは3月のことでした。引っ越しの2週間前!!

▼前回記事

Index

キッチンは人工大理石天板で二列型

二列型で周りに壁がなく、キッチンが入るまで部屋の全貌が見えない感じでした。
それがキッチンが入ったら一気に新生活が想像つくようになった!

人工大理石でもシンクはステンレスです。
天板とシンクのつなぎ目も思ったより全然気になりませんでした。

大きな食洗機のミーレも、引き出しと合わせて同じ木の板パネルを作ってもらいました。

プチ問題発生!キッチンの側面に隙間が・・・

理想通りなキッチンでしたが、一つ問題が!
側面と天板の間に、隙間があいていました。

これは、施工ミスではなく私のせい。

このキッチンのシンク側、側面の部材はもともと木のパネル予定だったのを、
途中で天板と同じ人工大理石に変えてもらいました。

木だったら、引き出しと合わせて天板に隙間があいてるのもかっこよかったと思います。
でも人工大理石だとその隙間が不自然!

人工大理石は高価なので作り直すと追加金額が数万?数十万?
と悩んだけど、やっぱり気になるので直してもらうことにしました。

すると、今ある側面の板に5ミリ分の板を足してくれるとの事。
そんな事できるのかーーと驚きです。

キッチン以外の家具もすべて入ってた!



キッチンの奥のパントリーにも、カウンターを作ってもらいました。
電子レンジや炊飯器を置き、下はカン・ビンのゴミ箱スペースです。

で、パントリーの引き出しの下段は根菜を入れられるよう通気のとれるバスケット引き出しに。

写真左側は冷蔵庫スペースです。

造作家具だと壁にぴったりついているから掃除が楽になりそう。
(買い替えはしにくいけど)

洗面台と洗面器もついてました!
洗面器はジャブジャブ洗えるようにキッチンシンクのような埋込み型にしました。

それから下駄箱!
ここは予算削減で既製品を取り付け。サンワカンパニーのゲタボックスです。

鍵や小物を置けるように、カウンター式。
下駄箱を浮かせてつけて、下駄箱の下にも靴が入るようになってます。

扉も各所取り付けられました

まずリビングのTV横の収納。
窓上の梁をスレスレでかわせるようなサイズ感。

下はブルーレイデッキを置くのでリモコンが届くようルーバーの扉です。
この収納は枠が見えなくてスッキリしていて、かなりお気に入り。

夫が考えてくれました。

そしてリビング入り口のドア!
ここは大きなガラス窓で、廊下にも光が入るようになってます。

戸当りという部材がなくて、廊下からもリビングからもスッキリ見えます。
(ここも夫のこだわり)

工事の終わりが見えてきた

家具が入ると一気にテンションがあがりました。
塗装工事のあと、正直ちょっと濃かったかな?と思うドアの枠も扉がついたら気にならなくなりました。

あとは照明器具の取り付け、室内クリーニング、カーテンの取り付けを残すのみです。

よかったらシェアしてね!
Index
閉じる