シングルベッドを3台繋げてみた!使い勝手と感想

子供が生まれた後はずっと布団生活だったのですが、引越しを機にベッドを購入。
しかもシングルベッドを3台つなげています。

カップルでシングル2台をつなげて使うのは結構定番のようですが、3台つなげているのは検索してもあまり例が出てこなかったので、感想や使っているパーツなどをご紹介します。

Index

なぜシングルベッド3台??

以前の家では、子供が生まれてすぐにベッドで寝るのをやめて、ダブル布団とシングル布団を横に並べて敷いていました。

部屋のサイズとしてはダブル+シングルを置くのが限界だった事もありますが、
親子3人が寝るサイズなら丁度よいサイズだと思ってました。

でも実際は片側に固まったり、思うように寝返りが打てなかったり、布団と布団の間にハマってしまったり。
あまり良い睡眠環境とは言えず…。

シングル3台並べられるなら、将来息子が一人部屋になったときに1台移動させれば済むし良いのでは??
と考えました。

これがポイント!シングル3台幅のシーツ

シングルベッド3台置いても、
隙間に子供が落ちたりズレて動いたりしたら寝心地が悪いだろうなーと考えてました。

3台分のマットレスをまとめて包めるシーツがあれば・・・・

ありました!シングル3台幅用のシーツ!!!


ディノスの320用シーツ。写真は2台分ですが、実際は3台用のサイズです。
320用というサイズがシングル3台分のシーツらしいです。

ただ種類が、ほんとーーーーに少ない。
もっと作って欲しいけど、需要がないのだろうか・・・。

でも、仮にシングル用を3台分用意するならシーツ交換がしずらそう…

ベッドはunicoのアディ

ベッドはウニコのアディを3台購入しました。

家の家具や床がオーク材が基準なので、オーク材のベッドを中心に探しました。
フレームだけなので一台あたり5万円。

出典:UNICO


明るい色ですが、木目がはっきり出ていて気に入ってます。
背もたれの部分が直線なので、2台3台並べても綺麗に繋がるデザインです。

数年前は、無印良品の足つきマットレスを使っていました。
脚は安いし、サイズもコンパクトなのが良いところ。

でも我が家は引っ越し前に寝室を塗り壁にしたので、
ベッドに座って寄り掛かった時に壁がポロポロ取れたり汚れたりするのを避けるためにも、背もたれ付きが良かったのです。

迷ったベッドはRe:CENOのfolk

同じオーク材の横並びに良さそうなベッドが、Re:CENOというオンラインショップで見つけたfolk。

出典:Re:CENO

オークではなくアッシュ材ですが、木目も綺麗だし背もたれにコンセントがついている!

不採用の理由は、店舗が遠方で確認に行けなかった事。
Unicoとの少しの値段差。

でも今見ても良さそうなベッドだなーと思います。

マットレスは大塚家具で。

前の家では布団を使っていたんですが、すのこの上にニトリの布団を敷いていました。
ニトリにも色々あるのですが、ニトリの中でも安価な布団を選んでしまって。

これが大失敗。出産したときに母にもらった西川の布団と比べると、背中に直にスノコの感触が・・・

ということで、ベッドにするにもフレームよりもマットレスにこだわりたい!!
人生3割くらいは寝てるし…

とマットレス売り場が充実しているであろう大塚家具へ行きました。

よく知らなかったですが大塚家具って、グレードの高いマットレスが沢山・・・
良い物はダブルで7桁円…

頭、身体、脚を乗せる部分で硬さが違うとか、数年後のヘタリ具合が違うとか。

かなり惹かれるものもありましたが、
なんせマットレスも3台も買うし、結局大塚家具の中では最安値に近いマットレスを購入しました。

シングル3台で10万円くらいだったかな・・・。
(それでもいいお値段・・・)

メーカー名などは忘れてしまいました。

3台並べた感想、シーツ替え以外は◎

3台並べて1年経ちました。
やはりシーツを一つにした事で、全体がひとつのマットのようになって快適です。

マットレスも、今までのぺちゃんこ煎餅布団と比べたら天と地の差!
背中の痛みがなくなりました。笑

息子3歳はベッドの上で前転したり、戦いごっこをしたりしています。
広いのでベッドから落ちることも2回ほどで済んでます。

(できるだけ壁際に子供が来るように寝てます)

買ったシーツは大きさはあるもののとても薄い生地なのでドラム式で洗濯から乾燥まで一気に行えて、ちゃんと乾きます。洗濯ストレスはありません。

ただ、ベッドの頭側だけでなく側面の片側を壁にぶつける形で配置しているので、
シーツ替えは一苦労。一人だと結構大変です。

でも後悔という程ではないし数年はこの配置のまま暮らす予定です!

よかったらシェアしてね!
Index
閉じる