MENU

施主支給品!上手工作所さんの真鍮タオル掛けと取っ手の3年後

  • URLをコピーしました!

今まで触れていなかった、我が家のオーダーキッチンの取っ手を紹介します。
大阪にある上手工作所さんの真鍮のハンドル!遠いのでネットショップで購入しました。

それから三年、真鍮は経年変化が楽しめるのでどんなふうになったかお見せします♪

真鍮とは?
銅と亜鉛の合金で亜鉛が20%以上のものを指します。身近な物だと5円玉硬貨も真鍮です。空気や人の手に触れることで何年もかけて酸化していき、徐々に黒っぽく変化していくのが特徴。メッキのゴールドとは違い剥がれることもないし素材感・高級感みたいなものも感じることができます。アイアンに比べ金額は高め。

まずは公式サイトにある商品写真↓

出典:上手工作所


長さを指定して注文することもできるKAKUという商品。私はタオル掛として60cmを1つ購入してキッチンのシンクが埋まっている場所に付けてもらいました。

入居したての写真を取っていなかったのが悔やまれますが、公式写真と同じようにピカピカのゴールドでした。


そして三年後の今(2023年)↓

じゃじゃんーー
けっこうピカピカ感がなくなって味が出てきました。

タオル掛としてはとても使いやすい位置に設置できました。
どうしても水しぶきがかかりますが、何の気遣いもなくつかっています。


そしてこんなふうに荒々しく経年していくのが嫌!という人は真鍮用クリーナーといものがあるので磨くとピカピカに戻るらしい。

created by Rinker
プロスタッフ(Prostaff)
¥1,421 (2024/06/23 19:33:04時点 Amazon調べ-詳細)

↑こんなやつ。笑
私は使ったことないです。

お次は引き出しの取っ手たち。

こちらも上手工作所さんで・・・と思っていたら、記憶違いで違う店でした。


ROOF GENETAL STOREの真鍮ハンドルTYPE2という商品。


このお店も真鍮パーツが豊富です。
同じく写真のようなピカピカ状態でしたが、3年経ったら好みの経年変化していってくれてます。


よく触る中央部分の色がくすんでいって、両端は艶がのこっています。
調味料用の縦長の引き出しは、同じ取っ手を縦向きにつけてもらいました!


キッチンの取っ手とタオル掛けだけで、2万円近く掛かったので当時の出費としては地味に痛かったですが長持ちする素材なのですごく満足度が高いです。

あと真鍮は流行中なのか色んなお店で商品を出しているので3年前より確実に選択肢が広がっていると思います!
でもまだまだ実店舗やホームセンターでは見つけにくいので、ネットショップ様様!!な状況ですよねー

以上、我が家のキッチンパーツでした。
今から探す人の参考になると嬉しいです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Index