マンションじゃ難しい?ガス乾燥機の乾太くんが欲しい!

こんなタイトルで、のっけから結論ですが、
マンションリノベで導入したかったガス衣類乾燥機の0リンナイ製「幹太くん」は泣く泣く諦めました。

戸建てに住む人にとっては、金額面と設置する場所があるかが大きな悩みどころかと思いますが、
それに加えてマンションの場合は『そもそも設置できない』という事も多いのです。

なぜ欲しかったのか、なぜ諦めたのかを詳しく書いていきます!

Index

ガス乾燥機の魅力

出典:リンナイ

一般的に最新式の洗濯機は縦型の洗濯機もドラム式も、
当たり前のように乾燥機能がついていますが、乾太くんの魅力はというと・・・

圧倒的な時短効果!

ガス乾燥機の一番の魅力は、圧倒的な時短!1時間で洗濯物が5キロ乾きます。
あーー羨ましい!欲しい!

出典:リンナイ



以前の賃貸で使っていた洗濯機は2010年頃発売されたタテ型の洗濯機で、乾燥にかかる時間はなんと5時間!
乾燥した仕上がりも糸くずのホコリが付いていたり、タオルのふわふわ感もイマイチ。
外干ししたほうがタオルの痛みも少なく長持ちしました。

それでも、乾燥機能があるとの無いのでは大違いだったので、
夫婦2人暮らしのときは夜中や仕事で不在の昼間に乾燥機能を使っていました。

それが、子供が生まれてからは洗濯量が倍増! 

乾燥時間の長さが気になり始めてしまいました。
汗をかいたら着替えさせ、赤ちゃん時代は吐き戻し、スタイ、ガーゼ、タオル。

育休復帰後は保育園に預け始めたので、着替え、靴下、朝おやつ・昼ごはん・午後おやつ3回のお食事タオル、足拭き。
おむつが取れたら今度は、おもらしパンツや夏の水着セットなども・・・。

それまでは週に2回で済んでいた洗濯が、毎日帰宅後と夜で平均2回洗濯機を回す生活になったのです。
洗濯の量が一気に2倍にになったので、1回目の洗濯後は外干し、2回目は洗濯乾燥で朝まで回していました。

一番大変なのが胃腸風邪を引いた時。
何度も吐くので掃除に使った雑巾、シーツや毛布などすぐに洗いたい洗濯物との戦いです。

とにかく子供1人でも結構な量なので、2人3人と多ければ多いほどガス乾燥機が活躍してくれそう。

タオルがフカフカに!

洗濯洗剤のCMで普通の洗剤との比較で畳んだタオルの高さが違う!フカフカだ!
みたいな映像があると思うのですが、ガス乾燥機はまさにそれ!

出典:リンナイ


シーツなどの大きな物も、平日の帰宅後に洗い始めても寝るまでには乾いていて冬も夏も気持ちが良さそう。

外に干すより衛生的

ガス乾燥機は、室内干しの雑菌やカビの心配もなく、外干しでの花粉の心配もないというメリットもあります!

出典:リンナイ

共働きで夜干したり雨の対策で室内に干す人、花粉症で花粉が気になって外に干す人も多いと思います。

我が家も室内派で、以前の賃貸では窓のカーテンレールに洗濯物を干し、加湿空気清浄機の送風機能を稼働させていました。
(除湿機を持っていなかったので)
タイマー機能もなく、仕事の日中はずっと回しっぱなし。電気代が気になっていました。

室内干し用の洗剤もありますが、肌の弱い赤ちゃんには不向きと聞いたので一般的な洗剤を使っていたら、
部屋干しのせいで帰宅すると生乾きの洗濯物の匂いがする事も・・・!!

気になる設置費用は??

乾太くんはガス乾燥機なので、一般的な電気式の洗濯機と比べると設置費用がかかります。

本体の費用

乾太くん本体はネットショップ価格では10~12万円程度。
人気なのは、家庭用5KGデラックスタイプ大容量8KGタイプ


デラックスは扉に丸窓がないのですが、フィルター掃除が楽&洗えないシャツやスーツ等をガスで消臭してくれる機能があるらしい。(なにそれすごい!)


8kgタイプはデリケートコースがないですが、容量が大きいので大きな洗濯機で洗ったものを全てまとめて乾燥することが可能。
まぁまぁのお値段だけどドラム式洗濯乾燥機に買い換えよりも、今の洗濯機にガス乾燥機を買い足す方が安く抑えられるのも魅力。

ガス乾燥機ならではの設置費用

電気の乾燥機は持ち上げることができれば個人で設置することも出来ます。
一方でガス乾燥機は「排湿ホースの取り付け」があるので専門業者を呼んで取り付ける必要があります。
排湿ホースは、熱や湿気を屋外に逃がすためのガス乾燥機ならではのもの。

それと別でかかるのが電源コンセントの設置と「ガスコンセント」の設置です。

電源コンセントに関しては、洗濯機の上に設置する場合は洗濯機用のコンセントの2口コンセントのうち一つを使える可能性が高いです。

ガスコンセントとは、ガスファンヒーター等を家庭で使用できるガス栓の事。
ガスコンセント、ガスコックなんて呼んだりもします。

出典:大阪ガス


マンションの場合は新築で付いている場合もあれば、ない物件もあるので確認が必要。
通常はコンセントと同じように壁に埋めこまれていて、ガス暖房器具などが使用できます。

ガスコンセントを新たに設置する費用は、ガスの工事費用としては5万以下という場合が多いですが、
配管のため壁や床に穴をあけて、そのままにしておくわけにはいかないので補修の手間があったり、場合によっては配管を隠すための工事、壁紙を張り替える工事が追加されて10万円以上の工事に費になる場合もあります。


ガスコンセントも排湿ホースも、ガス乾燥機には必需品。
コンセントだけで使える電気式の乾燥機とは勝手が違います。

戸建ての注文住宅の場合は、新築時が絶好のタイミングでガスの配管工事を計画しやすいし工事費も比較的おさえる事が可能。
既に住んでいる状態や分譲住宅の場合は、まずガスコンセントを設置する必要があるか確認する必要があります。

新築物件の場合、設置費用と本体の費用で20万円程度の工事費が相場になってきそうです。

マンションに設置する方法


鉄筋コンクリート造のマンションでは、
マンションによっては新築時からガスコンセントがついている物件もあります。

でも、外壁面がコンクリートなので排気ホース用の穴を開けるのは至難の技。
コンクリート造のマンションの場合は、木造と違って外壁自体が”躯体”にあたり、
穴を開けること自体がマンションの管理規約で禁止という場合が多いです。

例え許可が出ても、鉄筋コンクリートの”鉄筋”部分にぶつからないように
専用器具でレントゲンをとってから、鉄筋にかぶらない位置に穴をあける必要があったりします。

一番カンタンな方法は「ベランダに直置き!」


ガス栓さえ設置できれば、一番導入しやすい方法はベランダに直置き。
そうすれば排湿ホースは不要になります。

ガス栓と電源はリノベーションのタイミングなどで使っていないエアコンの穴や通気孔をつかって、ベランダに通します。

この方法であれば我が家にも導入可能ではあるんです。


でもこの方法は屋内設置と比べると機器が劣化しやすかったり振動音が隣の住戸に響き渡る危険があるので、室内に置きたい・・・!!


それに乾太くん本体は、かなりの大きさがあるので狭いベランダにズドーンと置かれると、
リビングからの窓の景色が乾太くんビューになる恐れも…

給気口を利用して排湿ホースを通す

マンションの室内から室外に排気をとる場合は設置条件にこんな文章があります。

・直径80mmの穴を使う場合は曲がり回数はホース8Mに対して2曲がりまで
・直径100mmの穴を使う場合は曲がり回数はホース10Mに対して4曲がりまで

小型の3kgタイプは例外で80cmの場合は5mに対して2曲がりまでと条件厳しめです。

マンションの場合は部屋の空気を入れ替えるための空気孔として直径100mmの穴が空いている可能性が高いので、
その穴を一つ潰してしまえば設置可能。

https://www.monotaro.com/p/8810/1142/?utm_medium=cpc&utm_source=Adwords&utm_campaign=246-833-4061_6466659573&utm_content=77481175356&utm_term=_380604218787__pla-326727105498&gclid=Cj0KCQjwyJn5BRDrARIsADZ9ykGYAw6Lmszy-teBgNik7drAV2ebjiw3Ct-pd7yr3wtBJAjU-UWCGZUaAve0EALw_wcB
出典:モノタロウ NASTA KS-8641PR3-SG


築古マンションでなければ、写真のようなプッシュ式かつまみ式の換気用の穴が空いています。

ただ、曲がり回数の制限をかわすには、空気孔の直ぐそばに乾太くんを設置する計画をする必要があります。

通常コンクリート造のマンションで元からエアコン用にあいている穴は75mmなので、5mm足りず
ここをエアコン用の穴で排気可能にしてくれたら、マンションの物置部屋につけられる!という人は多いはずなので改良してくれたらなーというポイントです。

窓を使って排湿ホースを取り付け

もう一つの方法として、窓を利用して排湿ホースを取り付ける事もできます。
窓付近に置いて窓パネルを利用すれば設置可能。


これって室外機の置けない部屋に窓用クーラーを設置する方法にすごく似てるのですが、
窓を少し開けた状態になるので鍵が簡易的なものになります。

隙間風がどうなのか、情報が得られなかったのですが
防犯面は多少は落ちるので低層階だと注意が必要そうです。

断念した理由は、設置位置の問題

我が家の中古マンションリノベ計画では、寝室かパントリーの位置であれば空気孔を使って設置できそうでしたし、
ベランダには確実に置くことは可能でした。検証していませんが窓の部品を使うことで取り付ける事も可能だったと思います。

間取りの計画と設置可能な場所がうまく合わなかった

それでも断念した理由は、洗濯機のある洗面脱衣室から離れてしまう事。
できれば乾太くんは洗濯機の上か横に置きたかったのです。

窓も断熱性をあげるために二重サッシのインプラスを計画していたので、かんたくんの為に気密性を下げる事も避けたかった。

最優先事項が乾太くん!となれば、優先的に間取りを考えたのですが、
「評判が良いし導入したいな~」程度のモチベーションだったので、割と簡単にあきらめてしましました。

が、今でも評判の良さや使っている人の話しを聞くと未練が出てくるほど魅力的な商品。

木造戸建てを新築する人には設置のハードルが比較的低いので計画中の方、置ける環境にある方は是非検討して欲しいです。

特に、 "1階で洗濯して2階のベランダに干す"という間取りの場合。
濡れた洗濯物(重い)を持って階段を上がる必要がなくなるのでお得感が高いかと。

木造でも、ツーバイフォーや特殊な構造の場合は壁が構造にあたることもあるし、既に完成している家に付ける場合は筋交い(補強材)の位置の確認も必要です。

電気のドラム式洗濯乾燥を購入しました

追記:引越し後、縦型の洗濯機を卒業して、電気のドラム式にしました

乾太くんほどではないですが、やはり10年前の縦型と比べると乾燥機能は格段にアップしているし、自動洗剤投入がとにかく便利。洗濯から乾燥まで連続して出来るのも、乾太くんにはない魅力で満足です♪

ただ金額と音がうるさいのが難点…。

よかったらシェアしてね!
Index
閉じる